リブロンweb

人燦(かがや)き、心を結(むす)ぶ。燦(さん)と結(ゆい)のものがたり

燦vol.9CONTENTS

燦vol.9
【表紙の樹】
黒地の柿の木(長野県根羽村)
【おとな旅・ゆとり旅】
美しい季節の情景や、祭り・行事。おとなならではのゆったりとした日本の旅を楽しみませんか?このたびの目的地は鹿児島県鹿児島市。桜島を望む大名庭園「仙巌園」で、歴史に触れる旅をご紹介します。
【旅の図書室】
「おとな旅・ゆとり旅」の旅先にゆかりのある文学者や作品をピックアップ。
今号は、少女期を鹿児島市で過ごした向田邦子とその作品「父の詫び状」を中心に、その足跡を振り返ります。
【暮らしっく】
暮らし(kurashi)+シック(chic)―遊び心のある、粋な暮らしを。
晩秋、落ち着いた空気のなかで、長く愛されてきた「スタンダード」なモノを見直す―「原点回帰」がテーマです。
【地球漫遊】
観光研究の草分け的存在・高田公理氏が、大いなる地球の魅力・魔力をきままに記すエッセイです。今号は「スペインの美味」がテーマ。現地でのスナップ写真に、味覚の思い出を添えて。
【ひと、燦く】
各界で活躍するベテラン、大人として燦き続ける人に、生き方・暮らし方を聞くインタビュー記事。アメリカ出身の民族音楽家、ロビン・ロイドさんから、楽しくてこころ温まるお話をたっぷり伺いました。
【空間考】
建築家・竹原義二氏による寄稿記事。空間・建築を通して視えてくるもの、感ずるものを提示します。今号は、奈良・二月堂界隈の路地の考察から、「表と裏で表情を変える路地の魅力」が論じられます。
【60’s倶楽部】
いつの間にか遠くなった1960年代。60年代に起きたムーブメントを、ともに振り返りませんか?今号より新テーマ、「日本映画」がスタート。“60年”を迎えるまでの流れから語り始めます。
【元気アップ講座】
コロナ禍による巣ごもり生活で、気になる「認知機能」の低下。
いまこそ聞きたい予防法や認知症チェックリストを、認知症専門医・長谷川嘉哉先生にお話しいただきました。

会報誌リブロン

日清ファルマ通信販売の会員様に隔月でお届けしている情報誌です。「旅」「文化」「歴史」「健康」など多岐にわたる内容で、読み応えのある紙面を目指しております。
奇数号はリブロン「燦」、偶数号はリブロン「結」というタイトルで、それぞれのテーマを持って編集されています。

バックナンバー
BACK NUMBER

2020

これまでのリブロンの歩み

  • 燦vol.5
    リブロン 燦 vol.52020年3月発刊
  • 結vol.4
    リブロン 結 vol.42020年1月発刊
  • 燦vol.3
    リブロン 燦 vol.32019年11月発刊
  • 結vol.2
    リブロン 結 vol.22019年9月発刊
  • 燦vol.1
    リブロン 燦 vol.12019年7月発刊