リブロンweb

人燦(かがや)き、心を結(むす)ぶ。燦(さん)と結(ゆい)のものがたり

結vol.8CONTENTS

結vol.8
【リブロン特集】天衣無縫の暮らしの器 小鹿田焼
開窯以来300年、大分県の山あいの小さな集落で守り伝えられてきた小鹿田焼。
「重要無形文化財」に指定され、日本を代表する民陶の里として広く知られるところとなった今も、変わらず流れるゆったりとした時間がそこにはありました。
【時のプリズム】三島由紀夫
没後50年を迎える三島由紀夫。ノーベル文学賞に最も近いと言われた彼が見つめた日本の未来とは。
【つくりつたえる】和泉蜻蛉玉
鮮やかな色彩が美しい和泉蜻蛉玉。和泉国でのガラス玉製造の歴史は、奈良時代以前にまで遡ります。
【いま、この人に聞きたい!】みちやすさん
自ら考案した「森のねんど」について研究を続けながら表情豊かな人形を制作し、郷愁を誘う作品をつくり出す人形作家・みちやすさんに、人形づくりや森に対する想いを伺いました。
【ロマン回廊】正岡子規 病牀六尺の世界
34年11か月の生涯を終えた文豪・正岡子規。病に伏す床で彼は何を想い、何を残したのか。私たちの胸を打ってやまない、人間子規の魅力にふれます。
【信頼のスタートライン】「リブロン」という名に込められた〝想い〟
今から65年前、手軽に栄養補給できる健康食品『リブロン小麦胚芽』が誕生しました。現在も受け継がれる「リブロン」という名前に込められた想いを紹介します。
【元気アップ講座】健康成分でイキイキ元気な体づくり
日常生活の疲れやストレスは、体調にも悪影響を及ぼします。
運動や睡眠などの生活習慣を整えるとともに、栄養成分をしっかり摂って、元気な毎日を送りましょう。

会報誌リブロン

日清ファルマ通信販売の会員様に隔月でお届けしている情報誌です。「旅」「文化」「歴史」「健康」など多岐にわたる内容で、読み応えのある紙面を目指しております。
奇数号はリブロン「燦」、偶数号はリブロン「結」というタイトルで、それぞれのテーマを持って編集されています。

バックナンバー
BACK NUMBER

2020

これまでのリブロンの歩み

  • 燦vol.5
    リブロン 燦 vol.52020年3月発刊
  • 結vol.4
    リブロン 結 vol.42020年1月発刊
  • 燦vol.3
    リブロン 燦 vol.32019年11月発刊
  • 結vol.2
    リブロン 結 vol.22019年9月発刊
  • 燦vol.1
    リブロン 燦 vol.12019年7月発刊